TOP 企業情報 製品紹介 ショップ展開例 保守メンテナンス お問い合わせ
TOP > ショップ展開例 >菓心松屋
ショップ展開例
菓心松屋 もどる



県道からみたショップ外観。黒の部分が厨房エリア、白とグレーの部分がショップエリア。
 

1958年創業の「菓心松屋」が2014年5月に移転リニューアル。場所は北浦に沿って伸びる茨城県の主要県道沿いに立地しています。県を横断する国道354号線のほか、行方市役所や公民館、スポーツ施設などの生活拠点が1km圏内にあり、施設を利用されるお客様も多く立ち寄られていかれるそうです。
駐車場はとても広く、木のフェンスや芝による空間づくりもされており、2方面からのアプローチもスムーズです。
厨房側の外装には、塗り壁に縄目模様が施され、凛とした和の佇まいの中にも、やさしい風合いをつくりだしています。
店内は和と洋が融合する和モダン。きらびやかな洋菓子だけではなく、和菓子のお店であることもアピールしていくため、内装の色彩やテクスチャー、ショーケースの腰のデザインなどに、「和」の要素を多く取り入れられています。洋菓子ショーケースと和菓子ショーケースの間には、さまざまな用途に利用できるディスプレイケースが備えてあり、人気の「かりんとう饅頭」やお団子は一番手に取りやすい場所に並んでいます。
アイランド式のオープンケースは冷凍と冷蔵が一体デザイン。人気の生クリームどら焼き、生クリーム大福を冷凍で販売しており、特に遠方のかたに親しまれているそうです。









冷凍と冷蔵のオープンケース(写真手前が冷凍)
 
和のテクスチャー
 
 
 

菓心松屋 (茨城県行方市)
TEL: 0291-35-2646 
茨城県行方市山田3010-5



 
ページの先頭へ
-- InstanceEnd -->