TOP 企業情報 製品紹介 ショップ展開例 保守メンテナンス お問い合わせ
TOP > ショップ展開例 > ルコント 広尾店
ショップ展開例
カリン もどる



通りと並行にショーケースを配置しているので、夜はとても綺麗です。
 

ルコントのはじまりは、故・アンドレ・ルコント氏が六本木にオープンしたお店から(1968年〜2010年)。フランスの伝統のおいしさを伝える、日本ではじめてのフランス菓子店でした。その技術と精神を受け継ぎ、2013年4月に新しいルコントとしてオープン。広尾・麻布地区は六本木店からのお客様が多く、また南側にはフランス大使館があることもあり、広尾を選ばれたそうです。
 本格的なフランス菓子をつくるお店として、内装は、あえて「フランス風」にせず、明るくシンプルに。ショーケースのケーキが一番みえるようにと、余計なものは置かず、店内スペースも広くとられています。お客様のスタイルにあわせて自由に時間をすごしていただけるように、地階にサロン・ド・テ、1階にもイートインスペースが設けられております。
 「オープン時はすべてアンドレ・ルコントのお菓子で」。六本木時代の職人、スタッフの協力のもと、素材、製法、すべて再現されているそうです。ルコント夫婦への並々ならぬスタッフの愛情と感謝の気持ちが、ここに込められています。






オープンカフェのように開放的。このパーティションは、足元をかくすことができます。また通りから見るとケース正面と向かい合わせになっているため、クッションっとしての役割もあります。この日はスズランがかわいらしくディスプレイされていました。


六本木時代から多くの方々に親しまれているフルーツケーキ。ぜひ味わっていただきたい逸品です。


地下1階のサロン・ド・テ。上質で居心地のよい空間です。

 
階段には、六本木店に使用されていたシャンデリアがあります。

ルコント [A.Lecomte]広尾店(東京都港区)

TEL:03-3447-7600
〒106-0047 東京都港区南麻布5-16-13

ホームページ



 
ページの先頭へ
-- InstanceEnd -->