TOP 企業情報 製品紹介 ショップ展開例 保守メンテナンス お問い合わせ
TOP > ショップ展開例 > ショップレポート
ショップ展開例
"本店オープンから4年、支店も大ブレイク中"ル・パティシェ・ヨコヤマ 大久保店(千葉) もどる

ル・パティシエ・ヨコヤマ大久保店
代表:横山 知之氏
TEL:047-403-8886
千葉県習志野市大久保1-1-34

お菓子の種類:生ケーキ、焼菓子、半生菓子
ショーケース:冷蔵タイプ 3台/非冷 1台
コンセプト :カジュアル
設   計 :一級建築士事務所 (有)アーキトレイブ
OWNER'S VOICE 横山オーナーシェフにお話を伺いました。
いきなり週休2日にしてしまいました

谷津店は、今回の店よりずっと狭く、50坪の半分を返してしまって、今は25坪、ここは1階だけで60坪ありますから、ずいぶん広いですね。でも10月20日にオープンしてすぐ、週休2日にしました。谷津店と2店舗分の製造体制をこちらにもってきて、店舗を増やすことで谷津店の売り上げは下がると思ったのですが、読みが外れてほとんど下がっていません。開店数日で休みを増やすのはどうかなと思いましたが、体力ともに追いつかなくなりました。谷津店と今回の店とは4キロはなれているのですが、谷津店で出していたメンバーズカードを持っているお客さんは、ほとんどこちらにはいないですね。客層も違います。4キロというのは近いようですが、商圏がまったく違っていました。

朝開店してからずっと来店が続きます。もともと行列に慣れておられるのかもしれませんね。4年前、谷津をオープンした時から発売している<岩シュー>は800個限定ですが、相変わらず1時間で売り切れます。毎朝必ずで、台風でも並んでくれましたね。さすがに、ひどい雪の日だけは少なかったですが。行列ができなかったのはその日だけです。特別なシューではないですが、僕が思うに、おそらくは一個135円という安さとボリューム、それなりの味がある、というくらいでしょうか。

 


いつも人だかりができるショーケース、一日に商品が何回転もする。

ケースの向こうは、活気あふれるファクトリー。   庶民的な「街のお菓子屋」が理想です

よく売れる秘けつを聞かれますが、これといって特別なことはしていません。その人に合った味というのがあるし強制的な売り方で限定するのもどうかなと思いますので、商品を際立たせるような販促もしていません。例えば、パッションとかココナッツとかクセのある好みが分かれる素材もあまり使わないです。一般受けするのしか使わないというのは、冒険がないといえばそうなんですが、誰が食べてもおいしいねというものをつくりたいと思っているだけです。

よしあしは別として、無難路線を行ってますね。価格は買いやすく設定してますが、僕はホテル出身なので、当初安い価格づけにはかなり勇気がいりました。でも作っているのは日常食べていただきたいお菓子、絶対高いと売れません。  当面の目標は、時間に追われない余裕のあるお菓子づくりです。このままではスタッフもつまんなくなると思いますから。

低い目線からでも見渡せるディスプレイ。
上段は焼き立て、下段は焼菓子のギフト提案。
  子供からお年寄りまで大人気の半生菓子、素材が一目でわかる。
ページの先頭へ