TOP 企業情報 製品紹介 ショップ展開例 保守メンテナンス お問い合わせ
TOP > ショップ展開例 > ショップレポート ラ・ベルデユール
ショップ展開例
もどる


2003年に店内をリニュアル,2箇所にエントランスを設け、店内に開放感をもたらした。白と黒のシックな内装と一体化したショーケース。ベビーカーでもゆったり入店できるスペースをとり、休日の混雑が緩和した。
 
 
棚幅が広く、以前よりケーキが見やすくなった。
 
ロールケーキなどのデイリーなスイーツも人気。
 
 
ギフトショーケース。
 
チョコレートとシャーベットのコンビネーションケース。
 
 
フリーチョイスの焼菓子コーナー。
 
優雅な雰囲気のディスプレイスペース。
 

  OWNER'S VOICE

●気持ちよく仕事ができる環境で

 「ベルデュールは緑地帯という意味です。売れる場所かどうかよりも、気持ちよく生活しながら仕事をしていこうということでこの地を選びました。一生やる仕事ですから、いい環境の中でいいお菓子をつくっていきたいですね。
 店づくりに関しては『雰囲気がよくて、気楽に買える店』と言っていただけるよういつも心掛けています。スタッフ全員が、お客さまを家にお迎えして、帰りにはお見送りするような気持ちで接しています。その結果、一度来ていただいたお客さんがリピーターとなり、口込みも手伝って、年々、来店数が増えていきました。本当にありがたいですね」。

●非常に静かなオープンでした

 「開店当時、店の前を通る人は1日20〜30人程度。今はずいぶん街らしくなってきましたが、最初は店がポツンと一軒建っている感じで、非常に静かなオープンでした。今は、よく、成功店と言ってくださってますが、宣伝などもまったくしていません。これだけの規模になれたのは、ただお客さんに良いものを提供して喜んでいただくために、基本的なことをやってきた結果ということだと思っています。
 スタッフが多くなった頃、のびのびと仕事ができるようにと、工場を広くしました。と同時にお客さんも増えてきて、週末などはのべ1000人位来店いただくようになり、土日の店内は満員電車のように混み合い、ご迷惑おかけしました。そこで、まずカフェスペースを無くし、それでもまだ狭いというので、今回の全面リニュアルとなりました。
 入り口を2箇所にしてかなり開放的になったと思います。ベビーカーを押しながらでも、ゆっくりお菓子を選んでもらえるようにするのが目的だったのですが。これからは<新しいイメージ>も大切という設計の先生のアドバイスもあって、暖かみのある木を使って、黒を基調としたシックなデザインに変えてみました。次は、もう少しスペースを広げて、再びカフェを作ろうと考えています」。
(2004年1月・談話)


ページの先頭へ