TOP 企業情報 製品紹介 ショップ展開例 保守メンテナンス お問い合わせ
TOP > ショップ展開例 > ショップレポート オークウッド
ショップ展開例
もどる


2004年新装オープン。遊び心いっぱいの店内に、オリジナリティあふれるケーキ、クオリティの高いギフト商品が陳列されています。
 
楽しいモチーフで統一された家具デザイン。
 
焼菓子には庭で育ったハーブも使われている。
 
 
よりぬきの旬の果物で作る、特製ジャム。
 
個包装を自由に組み合わせできるギフトボックス。
 
 
センターのディスプレイ台はお店の情報塔。
 
焼き立てのパイやペストリー、黒板にはその日のスペシャルデザートも。
 
 
最初に迎えてくれるのは、シェフ手作りのウェルカムボード。マジックテープを使って自在に張り付けることができるアイデアものです。
   

  OWNER'S VOICE

●広葉樹に虫が集まってくるように

「店をやろうと思ったのは3年半くらい前です。25年間、都心の最先端で磨き上げた商品を作ってきたので、これからはもっと自然体でやりたいと思っていました。 店づくりの構想は、まず、リラックスした環境の中でお菓子を作って、それにお客さんも共鳴してくれるような店をつくるにはどうしたらいいかというところから始まりました。うちならではの付加価値をどうつくり出すか。
 場所は春日部に長年住んできたので、ぜひこの地でと思っていました。このあたりは自然が豊富なので、庭を作れば避暑地に来たような気分にもなってもらえます。そこからイメージがふくらみました。子供とカブト虫をとりに行くと虫はだいたいクヌギとかコナラなどの木に集まっているのですが、そんなシーンを思い出し、甘いケーキに人々がわーっと集まってくるようなイメージを重ねて、店名を<オークウッド>と決めました。英語で広葉樹のことです」。

●庭とともに移りゆく、季節感たっぷりの店に

 「ケーキは20種類に絞り込んで出しています。週末はアントルメをもう少し増やしていますが、普通のお菓子屋さんと比べるとかなり数的には少ない。それでもお客さんが選択に迷ってしまうくらいの魅力を持たせたいと、季節によって次々と種類を変えています。庭の木々の変化に合わせて、お菓子も同時に変化する、そんな商品イメージです。うちの場合はプリンやシューなど4種類を除いて、すべて季節のケーキです。この季節感を次第に定着させて、4〜5年後には、『オークウッドのこの季節にはこんなお菓子があって…』という情報が定着するようにしたいと思っています。
 それにはちょっと時間がかかる。今すぐ結果を出そうとするのではなく、5年後、10年後に結果が出ればいいなと思ってます。売り上げが毎年10%くらいづつ確実に上がっていくようにしたいですね。その方があとあと、経営的に強くなれるのではと思ってます。
 多少、この地区のケーキ屋さんより値段も高いわけですから、本当にお菓子が好きな人が買いに来てくれて、商圏も広がるといいですね。ターゲットをお菓子好きに絞って確実につかみたいと思っています」。
(2004年10月・談話)


ページの先頭へ
-- InstanceEnd -->