TOP 企業情報 製品紹介 ショップ展開例 保守メンテナンス お問い合わせ
TOP > ショップ展開例 > ショップレポート セゾン・ド・アスター
ショップ展開例
もどる




   
“リビングルームの雰囲気”が全体のコンセプト。あたたかみのある家具が使ってあります。
  スイングアップ式


 


 



奈良市学園北1−1 
TEL 0742-43-3930
チーフ: 安井 祐策 氏

冷蔵タイプ 2台

  OWNER'S VOICE

●店に雑貨の気軽さを。

 ここは学園都市なので若い人が多いです。若い人は雑貨見るのが好きですね。雑貨屋さんは気軽に見て楽しんでもらうことを計算に入れていますが、ケーキ屋さんは買わないと入れない雰囲気のままです。本当はお菓子だって冷やかしで見てもらうだけでも十分だと思うんですけど。
 それで、雑貨屋を売るコーナーをつくりました。店が気軽になりましたね、包装している間などもよくご覧になってます。お菓子に関係あるような雑貨ばかりを置いていますし、焼菓子と併せてディスプレイしてますので、結果的にお菓子のギフト性も高めていると思います。

●ショーケースの中のケーキで季節を知らせる

 四季折々の旬のフルーツを使ったケーキをいちばんきれいに見て欲しいと思っています。ランプの色なども検討して、色や素材感などケース中での見え方は特別気にしています。 スィングアップにしたことで、なによりディスプレイがスムーズになりました。掃除が徹底できるのも助かります。毎朝、中を拭いてスタートし、ケーキもお客さんの視線で並べることができます。毎日の作業を考えると本当にいいですね。

(2001年11月・談話)




ページの先頭へ